委任(デリゲート)

【デリゲート(委任)の教科書】FLRが配布されたらどうすればいい?委任報酬の貰い方など

FLR 委任 やり方 報酬

遂に、一部国内取引所でも2020年12月12日9時(日本時間)時点でXRPを保有していた方へのFLR配布が開始されました!

あやママ

待ちに待ったお知らせ!!嬉しい!!

本記事では、FLRトークン運用方法の1種である委任(デリゲート)報酬に興味のある方に向けて、FLRや委任(デリゲート)について解説します。

留意事項

本記事を参考に実施された作業により損害が発生した場合でも責任は負いかねます。暗号資産の取り扱いには充分注意の上、自己責任で行ってください。

委任報酬システムに関する情報はSongbirdネットワーク上で稼働しているものを参考に記載しています。Flareネットワーク上での稼働に際して仕様変更等が発生する可能性もあることにご留意ください。

FLR(フレア)とは?

FlareNetworksのネイティブトークン。発表当初は「スパーク」という名称でしたが、その後運営側から「フレア」に変更することが案内されています。

FlareNetworkとFLRについて丁寧にまとめてくださっているツイートがありましたので引用させていただきます。

2020年12月時点のXRP保有者の内、オプトイン申請 (FLRの受取り申請) を実施していたウォレットに対して配布(エアドロップ)されます。

各国内取引所は自取引所のXRP保有者に代わってオプトイン申請を済ませており、FLR配布に関してFlareNetworksとの協議を続けていました。

国内取引所対応
【FLR/SGB】配布されるの?されないの?国内取引所の対応一覧【FLR/SGB】配布されるの?されないの?国内取引所の対応一覧...

<FlareNetworksとFLRについて参考になるブログ>

FLRの配布(エアドロップ)は2023年1月10日から開始

度々の延期でヒヤヒヤさせられましたが、2023年1月10日に無事にToken Distribution Eventを迎え、個人ウォレットを皮切りに取引所でも対象者への配布が始まりました。

あやママ

国内取引所での配布スケジュールは各取引所の判断によります。
配布はされても、出金や取引は不可である取引所もあります。

配布は複数回に渡る予定

2020年のオプトイン申請当時、配布スケジュールは下記のものでした。

  1. XRP:FLR=1:1.0073の割合で配布
  2. 配布は一括ではなく複数回に分けて実施
  3. メインネット立ち上げ時に15%配布
  4. 残り85%を25ヶ月〜34ヶ月かけて配布

しかし、プロジェクトが進んでいく中でFlareNetworks運営によって配布方法の変更が提案されました。

変更案の内容は、オプトイン申請時の①〜③まではそのままです。

メインネット稼働時に配布される15%以降、エアドロッププールにある残り85%の配布方法の変更が提案されています。

その内容をおおまかに説明すると、

ウォレットに保有するWFLR(FLRをラップしたトークン)の量に応じてエアドロッププールにある残りのFLRを配布する

というものです。オプトイン申請時点で確定していたはずのFLR獲得枚数が、初回配布で受け取ったFLRをラップするか否かによって変わる可能性が出てきました。

国内取引所でFLRを受け取る方々の場合、受け取り後にそのFLRを出庫して個人ウォレットでラップするといった対策が必要になります。

国内取引所側でラップ対応をしてくれるのであれば、国内取引所にFLRを置いたまま追加配布を受け取ることが出来そうです。

あやママ

新しい配布方法提案を採用するか否か、今後FLRホルダーによる投票が行われます。投票時期は2023.1.21〜28となりました。

新提案が可決されるか否かは私にもわかりません(^^;;

ただ、この提案はあくまでFlare Networksにとっては前向きなものです。

Flare Networksへの参加者を増やしたり、著しい価格下落を防いだりする目的があると思われます。

エアドロとしての旨味は薄れてしまうかもしれませんが、プロジェクト発展の為の提案であるということは認識しておきたいですね。

提案内容(FIP.01)の解説記事はこちら。

ちょこっと解説Flare FIP.01とFTSOAUのFLR配布に関するQA記事和訳FlareNetworkのガバナンス投票FIP.01についてちょこっと解説しています。FTSOAUが公開している、初回配布以降に関するQA記事和訳も!...

実際の配布日は各取引所の決定に委ねられる

Flare Networkから取引所へのFLR配布はすでに完了しているはずですが、

  • 取引所がいつ対象者にFLRを配布するのか?
  • 売買取引を開始するのか?

といったスケジュールは各取引所ごとにバラバラです。

国内取引所対応
【FLR/SGB】配布されるの?されないの?国内取引所の対応一覧【FLR/SGB】配布されるの?されないの?国内取引所の対応一覧...

FLRを受け取った方

国内取引所ですでにFLRを受け取った方の選択肢としては以下の4つが考えられるかなと思います。

  1. FLRを売却する
  2. FLRを国内取引所に置いておく(ホールドする)
  3. レンディング(貸出)できる取引所に移してレンディングする
  4. 個人ウォレットに移動させて委任(デリゲート)に参加する

FLRを売却する

2023.1.18時点でFLRの入庫と売買が可能な国内取引所はbitbankです。

上記以外の取引所でFLRを受け取った方が売却したい場合は、bitbankにFLRを移動させる必要があります。

bitbank

なお、FLRの出庫に対応しているか否かは取引所によって異なりますので、ご自身の利用している取引所の情報を確認してください。

FLRを国内取引所に置いておく

売却の予定がない方は将来的なFLRの値上がりに期待してホールドしておくのも1つの手段です(^^♪

レンディングを利用する

bitbankが提供している「貸して増やす」サービスにFLRがラインナップされています。こちらを利用することで、1年間FLRを貸し出して1年後に貸し出したFLRと利用料を受け取ることができます。

bitbank(ビットバンク)

個人ウォレットに移動させて委任(デリゲート)に参加する

私自身が参加しているのがこちらのFLRの委任(デリゲート)です。

デリゲートとは、Flareネットワークに参加してFLRを運用する方法する方法の1つです。次項からこのデリゲートについて詳しく紹介してみようと思いますので、ぜひご覧ください(^^)

デリゲート(委任)して稼ぐとは?

委任(デリゲート)とは?

あやママ

委任?デリゲート?なにそれ??ステーキングやレンディングとは違うの??

と、思いますよね。。。(^^;;

仕組みとしてはステーキングやレンディングとは異なるデリゲート(委任)ですが、「保有している暗号資産(FLR)を運用して増やす事ができる」という点では同じと考えてもらっていいと思います。

当ブログで紹介している「委任報酬システム」とは、

保有するトークン(FLR/SGB)をFTSOプロバイダーと呼ばれるところに委任(デリゲート)することにより、そのプロバイダーから報酬 (FLR/SGB) を獲得できるシステム

のことです。

あやママ

いや、全然わからん!FTSOプロバイダーって誰?委任したFLRでプロバイダーは何をするの?そして何で委任するだけで報酬がもらえるの?

という根本の疑問はあると思いますが、そこを掘り下げると話が長くなるので別記事で解説しています。

FLR委任デリゲートFTSO解説
【FLR/SGB】委任(デリゲート)で報酬がもらえる仕組みをざっくりと解説【FLR/SGB】委任(デリゲート)で報酬がもらえる仕組みをざっくりと解説...

本記事では、とりあえず「委任して報酬をもらう方法」にフォーカスします!

我々は暗号資産であるFLRを保有することで、FLRの価格上昇による利益が期待できますが、さらに委任報酬システムに参加することにより「手持ちのFLRを減らすことなく、委任報酬という形でFLRを増やせる」というメリットがあります。

1FLRからでも委任OK

ステーキングやレンディングは、預け先によって最低通貨量が決まっていたりしますよね?

しかし、FLRのデリゲートは1FLRからでも参加可能!もちろん、委任する量が少ないとその分獲得できる報酬は少ないですが(^^;;

「最初からがっつり委任して報酬もがっぽりもらうんだ!!」というのも有りです(笑)

あやママ

暗号資産を運用するのが初めての方は、最初は少量で試してみてください。
委任報酬システムの全容が理解できて「これはいいな!」と思ったら少しずつ委任量を増やしていくのが個人的にはおすすめです。

FLRの委任報酬は3.5日毎に受け取り可能

FLR委任 デリゲート

FLRの委任報酬サイクル(エポックと呼びます)は「3.5日間」。

毎週金曜日の朝・月曜日の夕方に報酬(FLR)を受け取ることが可能になります。

報酬は自動的に配布されるのではなく「CLAIM(請求)」して受け取ります。

報酬として受け取ったFLRは自動的に委任され、複利でFLRを増やすことができます

委任先プロバイダーや委任する量・割合はエポックごとに変更することが可能(目安となる変更期限があります)。報酬利率がより高いプロバイダーや、委任特典が魅力的なプロバイダーに乗り換える事ができます!

デリゲート(委任)は資金拘束されない運用方法!FLR/SGBの移動は自由

これはステーキングやレンディングといった他の暗号資産運用方法と違うポイントです。

委任するFLRはあなたのウォレットから他の場所へ移動するわけではありません。ずっとウォレットにあります。ウォレット上で委任先と割合の情報を設定するだけなので、あなたは必要な時にいつでもFLRを移動させたり売却することができます。

例えば100FLR保有している人が「プロバイダーAにウォレット残高の50%委任する」という情報を設定していたとします。

後日、20FLR売却してウォレット残高は80FLRになりました。

すると、自動的にプロバイダーAに委任されるのは40FLRになります。

<委任ロック期間はトークンをウォレットに置いておく必要あり>

委任情報(委任先と割合)は定められた期間の間にランダムでスナップショットが取られます。委任報酬に参加したい場合、この期間は必ずウォレットにFLRを置いておく必要があります。

詳細は一つ前の目次で解説した委任スケジュールを参照してください。

解説上わかりやすいように委任するトークンを「FLR」と表記していますが、実際に委任する際にはFLRをラップした「WFLR」となります

どれくらい稼げるの?

FLRの委任報酬がどれほどになるか、まだ始まったばかりなので正確な情報がありません。

ですので、SGBの利率を参考にしてみます。

SGBの委任報酬が始まってから約1年半経過した今は週利0.5~0.6%程度です。(良くて0.7〜0.8%ぐらい)

あやママ

FLRも同様に週利0.5%とすると、単純計算で1000FLR委任してたら1週間で5FLR の報酬ということになります。4週間(1ヶ月)で20FLRですね。

ランキングサイトでFLR委任報酬利率がチェックできる

リアルタイムのFLR委任報酬利率が確認できるランキングサイトがいくつかあります。

Ivy oracle

Flare FTSO Monitor

報酬利率に加えて、手数料など委任先を選定する上で参考になる情報が確認できます。
委任先選定のポイントはこちらで記載しています。

Flare 委任 デリゲート メタマスク FlarePortal
【FLR版】メタマスク ✖︎ Flare Portalでラップして委任(デリゲート)する方法 遅くなりましたが、メタマスクでFLRをラップして委任する手順をご紹介しようと思います! SGBの時はFTSOAUというプロバイダ...

2023年1月からFLRの委任報酬が開始となりました。実際の委任手順などをこちらの記事で紹介しています。

SGBでの委任経験者の方で、SGBとFLRの委任ルールの違いを確認したい方はこちらをご覧ください。

SongbirdFlareNetwork委任変更点
【SGB→FLR】委任ルールの変更点をチェック!【SGB→FLR】委任ルールの変更点...

委任報酬はステーキングやレンディング報酬と同様に取得時の時価で課税所得になるとされています。

暗号資産税制については国税庁のHPを確認してください。

あやママは税務については解説できません。不明点はご自身の管轄税務署や税理士さんに相談してください。

委任は個人ウォレットで可能

FLRの委任報酬は、基本的に国内取引所に保管しているだけでは受け取ることができません
※SBIVCトレードでFLRを受け取った方はレンディングという形で委任報酬を受け取ることができそうです。(詳細ツイートはこちら)

BifrostWalletやメタマスクといったウォレットアプリにFLRを移動させて、そのウォレットから「任意のFTSOプロバイダーに委任する」という作業を実施する必要があります。

そのやり方を解説した記事がこちら。

FLR Bifrostでラップしてデリゲート
【FLR版】BifrostWalletでラップして委任(デリゲート)する方法【FLR版】BifrostWalletでラップして委任(デリゲート)する方法...

他の暗号資産で既に個人ウォレットの利用経験がある方にとって、デリゲートはそんなに難しい作業ではありません。

しかし、これまで国内取引所での暗号資産の売買取引しか経験のない方にとっては、少しハードルが高く、リスクが大きいと感じるかもしれません。

デリゲート(委任)は、暗号資産の運用方法としてメジャーなステーキングやレンディングと同じように、別にやらなくてもいいものです。ご自身のリスク許容度で判断してくださいね。

リスクは極力負いたくないけど、少し興味はある。

という方は、保有量の1〜10%程度(または10FLR等のごく少量)でお試しして、自分のリスク許容度に見合うものかどうか判断してみるのも一手かと思います!

はじめての委任におすすめの個人ウォレットBifrostWallet

はじめてデリゲートに参加する場合のおすすめウォレットは「Bifrost wallet」です。スマホにDLして利用します。

Bifrost Wallet

Bifrost Wallet

Towo Labs AB無料posted withアプリーチ

Bifrostwallet画面イメージ

FLRのカナリアネットワーク(検証用ネットワーク)であるSGB (ソングバード)のデリゲートでも多くの参加者がメインウォレットとして使用しています。

あやママ

もちろん私もメインウォレットはBifrostです!

初期設定はmaruさん(@maruda03672434)のブログに詳しく紹介されています。

テスト環境で委任体験も可能

Flareには「Coston(コストン))というテスト環境があります。BifrostWalletを使用して、このテスト環境下で委任手順を体験する方法があります。

あやママ

CostonはCFLRという誰でも発行可能な価値のないトークンを用いて動作確認を行う為の環境です。

手順をこちらの記事にまとめていますので、気になった方はチェックしてみてください(^^)/

Flareテスト環境coston委任手順体験方法
【委任体験してみよう!】テスト環境で実際の委任手順をお試し可能 Flareネットワークの委任報酬に少しでも興味がある方は、テスト環境での委任体験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?! あや...

ところでSGB(Songbird)ってなに??

当ブログをご覧いただいていると、いたるところにSongbirdやSGBという単語を見かけると思います。

国内取引所でFLRを受け取って初めてFlareNetworkを知った方にとっては

「SongbirdやSGBってなに?FLRと何の関係があるの??」と思いますよね(^^;
訳のわからない単語ばかりですみません。

当ブログでSGBとは「Songbirdネットワーク」と「そのネイティブトークン$SGB」のことを指しています。

Songbirdネットワークは、これから皆さんが参加しようとしているFlareネットワークのカナリアネットワーク(検証用ネットワーク)です。

Flareネットワークの機能は、本番環境であるFlareネットワーク上での稼働前にSongbirdネットワーク上で安全性などの検証を行っています。

あやママ

SGBという取引所に上場され、価格がついたトークンを用いているところがポイントです!

閉じられたネットワークではないので、我々もSGBトークンを保有することでFlareネットワークの検証に「利用者」の立場から参加できるということですね。

Songbirdネットワークで検証・修正を行った上で、問題ないと判断されればFlareネットワークでの稼働に移っていくという段階になります。

同様の方式を採用しているブロックチェーンプロジェクトとしては、Polkadotとkusamaがあります。
国内取引所の多くに上場されているPolkadot。これのカナリアネットワークがkusamaです。

SGBはオプトイン申請者にエアドロップ済み・海外取引所での購入も可能

オプトイン申請(FLRの受取り申請)を個人ウォレットで実施していたXRPホルダーの方々はこの「SGBトークン」のエアドロップを2021年9月に既に受け取っています。

残念ながら、国内取引所でオプトインした方々へのSGB配布については現時点で未定。こちらも各取引所の判断に委ねられている状況です。

個人ウォレットでSGBを受け取った一部のXRPホルダー(あやママも含む)は、現在Songbirdネットワーク上で稼働している委任報酬にも参加しています(*^^*)
※委任報酬については次項で説明しています

本章では、SGBの委任報酬に参加している経験から「FLRの委任もこんな風になるはずだよ」という情報をご紹介しています。

あやママ

さて!!Songbirdについてざっくりぼんやりご理解いただけたでしょうか?笑
続いて本題の委任(デリゲート)について見ていきましょう。

いかがでしたでしょうか?本記事を読んで頂いて、FlareNetworksのFLRと委任報酬システムに少しでも興味を持っていただけたら幸いです(^^)

bitbankではFLR⇔日本円の交換が可能になります(^^)

bitbank
ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
<< SBIVCトレード >>

日本初 日本円だけでNFTの売買ができる!
\ SBIWeb3ウォレットリリース /

国内最大級のインターネット総合金融
サービス事業を展開している
SBIグループが運営する暗号資産取引所
暗号資産におけるフルラインナップサービスを
利用できます(^^)/

現物取引販売所形式(取引手数料無料)
取引所形式(メイカー手数料-0.01%/テイカー手数料0.05%)
取り扱い銘柄:BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、DOT、LINK、ADA、DOGE、XLM、XTZ、SOL、AVAX、MATIC
レバレッジ取引保有している暗号資産を預託証拠金とすることも可能
レバレッジ手数料マイナスの銘柄もあり
貸コイン取り扱い銘柄全てに対応
積み立て500円~1円単位で取り扱い銘柄全て積み立て可能
積立銘柄ごとに積立頻度を日次・週次・月次から選択できます
ステーキングDOT、ADA、XTZ、AVAXのステーキングに対応
こんな記事もおすすめ