Flare/Songbird

【一部国内取引所でも配布決定!】FLRが配布されたらどうすればいい?委任報酬の貰い方

FLR受け取り準備、委任練習

遂に、一部国内取引所でも2020年12月12日9時(日本時間)時点でXRPを保有していた方へのFLR配布と取り扱い開始がアナウンスされました!

あやママ

待ちに待ったお知らせ!!嬉しい!!

本記事では、FLRトークン運用方法の1種である委任(デリゲート)報酬に興味のある方に向けて、国内取引所でFLRが配布されるまでに準備できることを紹介します!

留意事項

本記事を参考に実施された作業により損害が発生した場合でも責任は負いかねます。暗号資産の取り扱いには充分注意の上、自己責任で行ってください。

委任報酬システムに関する情報はSongbirdネットワーク上で稼働しているものを参考に記載しています。Flareネットワーク上での稼働に際して仕様変更等が発生する可能性もあることにご留意ください。

FLR(フレア)とは?

FlareNetworksのネイティブトークン。発表当初は「スパーク」という名称でしたが、その後運営側から「フレア」に変更することが案内されています。

2020年12月時点のXRP保有者の内、オプトイン申請 (FLRの受取り申請) を実施していたウォレットに対して配布(エアドロップ)されます。

各国内取引所は自取引所のXRP保有者に代わってオプトイン申請を済ませており、FLR配布に関してFlareNetworksとの協議を続けていました。

国内取引所対応
【FLR/SGB】配布されるの?されないの?国内取引所の対応一覧【FLR/SGB】配布されるの?されないの?国内取引所の対応一覧...

FLRはXRP/XLM/DOGE/LTC/BTC/ALGOなどのトークンにスマートコントラクトを実装する他、ステートコネクターやレイヤーケーキといった機能を実装する予定です。

<FlareNetworksとFLRについて参考になるブログ>

FLRの配布(エアドロップ)は2022年10月24日~11月6日を予定

2022年9月30日に更新された「Token Distribution Event Schedule」によると、FLRの配布は2022.10.24~11.6を予定しているそうです。

あやママ

国内取引所とも配布に関する協議は行われていると思いますが、配布されるか否かとその日程については、取引所の判断によります。
配布されるとしても、これより遅くなる可能性もあります。

配布は複数回に渡る予定

FLRの配布スケジュールについて「こういうスケジュールで決まってます!」とお伝えするのが難しい状況です…(^^;;

オプトイン申請当時の配布スケジュールは下記のものでした。

  1. XRP:FLR=1:1.0073の割合で配布
  2. 配布は一括ではなく複数回に分けて実施
  3. メインネット立ち上げ時に15%配布
  4. 残り85%を25ヶ月〜34ヶ月かけて配布

しかし、プロジェクトが進んでいく中でFlareNetworks運営によって配布方法の変更が検討されているようです。

あやママ自身が認識している変更案の内容は、オプトイン申請時の①〜③まではそのまま

メインネット稼働時に配布される15%以降、残り85%の配布方法について変更の可能性がありそうです。

その内容をおおまかに説明すると、

  • 初回配布分15%を全て委任することを条件に、残り85%を配布する
  • 委任しなかった人に配布される予定だった分は委任してる人で山分け?

といった感じ…。オプトイン申請時点で確定していたはずのFLR獲得枚数が委任するか否かによって変わる可能性が出てきました。

国内取引所でFLRを受け取る方々の場合、受け取り後にそのFLRを委任しているか否か、取引所側が確認することは不可能と思われます。
よって、残り85%の受け取りが非常に困難になります。

あやママ

新しい配布方法提案を採用するか否か、今後FLRホルダーによる投票が行われる予定です。投票時期は初期エアドロ15%分配布後。

新提案が可決されるか否かは私にもわかりません(^^;;

ただ、この提案はあくまでFlare Networksにとっては前向きなものです。

Flare Networksへの参加者を増やしたり、著しい価格下落を防いだりする目的があると思われます。

エアドロとしての旨味は薄れてしまうかもしれませんが、プロジェクト発展の為の提案であるということは認識しておきたいですね。

実際の配布日は各取引所の決定に委ねられる

Flare Networks側は「10/24~11/6に配布できそう」と発表していますが、各国内取引所が実際に

  • いつ対象者にFLRを配布するのか?
  • いつ取引を開始するのか?

といったスケジュールはまだ明らかになっていません。

国内取引所でFLRを受け取る予定の皆さんが、今できることは以下の3つ!

この3点について、順番に説明したいと思います!

このポイントを押さえておけば、FLRが配布され、委任報酬が始まった際にもスムーズに参加できると思いますので是非チェックしてくださいね(^^)

①SGBの事例をみてみよう!デリゲート(委任)して稼ぐとは?

SGBってなに?

訳のわからない単語ばかりでごめんなさい(^^;

当ブログでSGBとは「Songbirdネットワーク」と「そのネイティブトークン$SGB」のことを指しています。

Songbirdネットワークは、これから皆さんが参加しようとしているFlareネットワークのカナリアネットワーク(検証用ネットワーク)です。

Flareネットワークの機能は、本番環境であるFlareネットワーク上での稼働前にSongbirdネットワーク上で安全性などの検証を行っています。

あやママ

SGBという取引所に上場され、価格がついたトークンを用いているところがポイントです!

Songbirdネットワークで検証・修正を行った上で、問題ないと判断されればFlareネットワークでの稼働に移っていくという段階になります。

同様の方式を採用しているブロックチェーンプロジェクトとしては、Polkadotとkusamaがあります。
国内取引所の多くに上場されているPolkadot。これのカナリアネットワークがkusamaです。

あやママ

オプトイン申請(FLRの受取り申請)を個人ウォレットで実施していたXRPホルダーの方々はこの「SGBトークン」のエアドロップを2021年9月に既に受け取っています。(国内取引所でオプトインした方々へのSGB配布については現時点で未定)

そして、Songbirdネットワーク上で稼働している委任報酬にも参加しています(*^^*)

本章では、SGBの委任報酬に参加している経験から「FLRの委任もこんな風になるはずだよ」という情報をご紹介しています。

さて!!Songbirdについてざっくりぼんやりご理解いただけたでしょうか?笑
続いて本題の委任(デリゲート)について見ていきましょう。

あやママ

委任?デリゲート?なにそれ??ステーキングやレンディングとは違うの??

と、思いますよね。。。(^^;;

仕組みとしてはステーキングやレンディングとは異なるデリゲート(委任)ですが、「保有している暗号資産(FLR)を運用して増やす事ができる」という点では同じと考えてもらっていいと思います。

当ブログで紹介している「委任報酬システム」とは、

保有するトークン(FLR/SGB)をFTSOプロバイダーと呼ばれるところに委任(デリゲート)することにより、そのプロバイダーから報酬 (FLR/SGB) を獲得できるシステム

のことです。

あやママ

いや、全然わからん!FTSOプロバイダーって誰?委任したFLRでプロバイダーは何をするの?そして何で委任するだけで報酬がもらえるの?

という根本の疑問はあると思いますが、そこを掘り下げると話が長くなるので別記事で解説しています。

FLR委任デリゲートFTSO解説
【FLR/SGB】委任(デリゲート)で報酬がもらえる仕組みをざっくりと解説【FLR/SGB】委任(デリゲート)で報酬がもらえる仕組みをざっくりと解説...

本記事では、とりあえず「委任して報酬をもらう方法」にフォーカスします!

我々は暗号資産であるFLRを保有することで、FLRの価格上昇による利益が期待できますが、さらに委任報酬システムに参加することにより「手持ちのFLRを減らすことなく、委任報酬という形でFLRを増やせる」というメリットがあります。

委任は個人ウォレットで

FLRの委任報酬は、国内取引所に保管しているだけでは受け取ることができません

BifrostまたはメタマスクといったウォレットアプリにFLRを移動させて、そのウォレットから「任意のFTSOプロバイダーに委任する」という作業を実施する必要があります。

そのやり方を解説した記事(SGB版)が、当ブログでも1番読まれているこちらの記事です。

bifrost
【Bifrost Wallet利用】$SGB→$WSGBにラップしてFTSOに委任する方法【Bifrost Wallet利用】$SGB→$WSGBにラップしてFTSOに委任する方法...

他の暗号資産で既に個人ウォレットの利用経験がある方にとって、デリゲートはそんなに難しい作業ではありません。

しかし、これまで国内取引所での暗号資産の売買取引しか経験のない方にとっては、少しハードルが高く、リスクが大きいと感じるかもしれません。

デリゲート(委任)は、暗号資産の運用方法としてメジャーなステーキングやレンディングと同じように、別にやらなくてもいいものです。ご自身のリスク許容度で判断してくださいね。

リスクは極力負いたくないけど、少し興味はある。

という方は、保有量の1〜10%程度(または10FLR等のごく少量)でお試しして、自分のリスク許容度に見合うものかどうか判断してみるのも一手かと思います!

1FLRからでも委任OK

ステーキングやレンディングは、預け先によって最低通貨量が決まっていたりしますよね?

しかし、FLRのデリゲートは1FLRからでも参加可能!もちろん、委任する量が少ないとその分獲得できる報酬は少ないですが(^^;;

「最初からがっつり委任して報酬もがっぽりもらうんだ!!」というのも有りです(笑)

あやママ

暗号資産を運用するのが初めての方は、最初は少量で試してみてください。
委任報酬システムの全容が理解できて「これはいいな!」と思ったら少しずつ委任量を増やしていくのが個人的にはおすすめです。

委任報酬は1週間毎に受け取り可能(FLR版では変更になる模様)

delegate

委任報酬サイクル(エポックと呼びます)は「1週間」。

毎週土曜日の夕方に報酬(FLR)を受け取ることが可能になります。(SGBと同じ委任スケジュールの場合)

報酬は自動的に配布されるのではなく「CLAIM(請求)」して受け取ります。

報酬として受け取ったFLRも委任することで、毎週複利でFLRを増やすことができます

委任先プロバイダーや委任する量・割合は毎週のエポックごとに変更することが可能(変更〆切期限があります)。報酬利率がより高いプロバイダーや、委任特典が魅力的なプロバイダーに乗り換える事ができます!

SGB版の委任報酬スケジュールをこちらの記事の最初で説明していますので目を通してみてください。

委任後どうする
【SGB】FTSOに委任したら、その後どうする?SGBのFTSOへの委任・報酬受け取りスケジュールなどをご紹介!...

FLR版の委任では、この委任スケジュールを含むいくつかの点について変更があるようです。

SongbirdFlareNetwork委任変更点
【SGB→FLR】委任ルールの変更点をチェック!【SGB→FLR】委任ルールの変更点...
あやママ

私も出来るだけ情報を追いつつ、随時記事の修正をしていくつもりです。が、実際のところはFLR版の委任をやってみないことにはわからないというのが本音です…(^^;;

出来るだけ正確な情報をお伝えできる様に努力しますが、これから始まる新しい事なので、情報が二転三転する可能性があることをご了承くださいm(_ _)m

委任報酬はステーキングやレンディング報酬と同様に取得時の時価で課税所得になるとされています。

暗号資産税制については国税庁のHPを確認してください。

あやママは税務については解説できません。不明点はご自身の管轄税務署や税理士さんに相談してください。

デリゲート(委任)は資金拘束されない運用方法。FLR/SGBの移動は自由

これはステーキングやレンディングといった他の暗号資産運用方法と違うポイントです。

委任するFLRはあなたのウォレットから他の場所へ移動するわけではありません。ずっとウォレットにあります。ウォレット上で委任先と割合の情報を設定するだけなので、あなたは必要な時にいつでもFLRを移動させたり売却することができます。

例えば100FLR保有している人が「プロバイダーAにウォレット残高の50%委任する」という情報を設定していたとします。

後日、20FLR売却してウォレット残高は80FLRになりました。

すると、自動的にプロバイダーAに委任されるのは40FLRになります。

<委任ロック期間はトークンをウォレットに置いておく必要あり>

委任情報(委任先と割合)は定められた期間の間にランダムでスナップショットが取られます。委任報酬に参加したい場合、この期間は必ずウォレットにFLRを置いておく必要があります。

当ブログではこのスナップショットが取られる可能性のある期間を「委任ロック期間」と呼んでいます。

詳細は一つ前の目次で解説した委任スケジュールを参照してください。

上記のように委任ロック期間以外はウォレット上にFLR(SGB)がなくても委任報酬への影響はないという仕組みを利用して、ロック期間以外はSGBをDefiで運用したりしています(^^)

FlareFarmでステーキング
【委任報酬と二重取り!!】Flare FarmでWSGB&EXFIをステーキングしてSFINを獲得しよう!FlareFarmを利用したWSGBとEXFIのステーキング手順...

解説上わかりやすいように委任するトークンを「FLR」と表記していますが、実際に委任する際にはFLRをラップした「WFLR」となります

どれくらい稼げるの?

FLRの委任報酬がどれほどになるか、まだ始まっていないので正直見当がつきません。

ですので、SGBの利率で見てみましょう。

SGBの委任報酬システム開始当初は、なんと週利3%というとんでも利率をたたき出していました(笑)

これは委任参加者が少なく、1人当たりに分配される報酬が多かったからですね。参加者が増えるにつれて利率は下がっていき、約1年経過した今は週利0.5~0.6%程度です。

ただ、FLRはSGBのように「最初の委任参加者が極端に少なく、利率が高い」という現象は起きないのではないか?と思っています。(SGBで委任に慣れている人が多いので)
こればっかりは蓋を開けてみないとわかりませんね(笑)

あやママ

週利0.5%とすると、単純計算で1000SGB(FLR)委任してたら1週間で5SGB(FLR) の報酬ということになります。4週間(1ヶ月)で20SGB(FLR)ですね。

こちらの記事はSGBのエポック1~10までプロバイダーごとの利率を比較した記録です。

SGB報酬利率
FTSOの委任報酬利率を比較!1週間の間で利率に大きな変化はあったのか?グラフにしてみたのでご紹介します。...

リアルタイムのSongbirdネットワークの委任報酬利率はflaremetricsというサイトで確認できます。

左の赤枠がFTSOプロバイダーの名前で、赤矢印箇所のReward Rateが現エポックの利率です。1エポック終了すると利率はリセットされて0%から徐々に上がっていきます。
※2段目に表示されている灰色の数値が平均利率

画像では7つのプロバイダーしか表示されていませんが、実際は100近くのプロバイダーが稼働しています!

また、Twitterでも委任報酬利率について便利な情報を提供してくださっている方がいます。@JeenLolkemaさんです!
一覧表やグラフでわかりやすくまとめてくださっています(^^)

②委任機能を備えたウォレットを準備しよう!はじめての委任に最適なのはBifrostWallet

はじめてデリゲートに参加する場合のおすすめウォレットは「Bifrost wallet」です。スマホにDLして利用します。

Bifrost Wallet

Bifrost Wallet

Towo Labs AB無料posted withアプリーチ

Bifrostwallet画面イメージ

FLRのカナリアネットワーク(検証用ネットワーク)であるSGB (ソングバード)のデリゲートでも多くの参加者がメインウォレットとして使用しています。

あやママ

もちろん私もメインウォレットはBifrostです!

初期設定はmaruさん(@maruda03672434)のブログに詳しく紹介されています。

③【委任体験してみよう!】実際の委任手順を経験してみたい方はテスト環境でお試し可能

Flareには「Coston(コストン))というテスト環境があり、このテスト環境下で委任手順を体験する方法があります。

あやママ

Costonは今まで紹介してきたSongbirdネットワークとは異なり、CFLRという誰でも発行可能な価値のないトークンを用いて動作確認を行う為の環境です。

手順をこちらの記事にまとめていますので、チェックしてみてください(^^)/

Flareテスト環境coston委任手順体験方法
【委任体験してみよう!】テスト環境で実際の委任手順をお試し可能 Flareネットワークの委任報酬に少しでも興味がある方は、テスト環境での委任体験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?! あや...

いかがでしたでしょうか?本記事を読んで頂いて、FlareNetworksのFLRと委任報酬システムに少しでも興味を持っていただけたら幸いです(^^)

bitbankではFLR⇔日本円の交換が可能になります(^^)

bitbank
ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
<<クリプタクト>>

\暗号資産投資家の確定申告必須ツール/
無料体験プランあり(*^^*)

取引履歴をアップロードするだけで
確定申告に必要な損益計算をしてくれます!
一部取引所はAPI連携にも対応で楽々♪

関連記事