委任(デリゲート)

委任ロックブロックが木曜23:41以前に発生する?!

委任ロックが23:41以前になる理由

SGBデリゲーターの皆様、こんにちは(^^)あやママです。

今回は、タイトルの件についてわかったことをまとめます!

とーーーーーっても大事なお話しなので、委任報酬に参加する方是非理解しておきましょう。

注意事項

本記事を参考にした結果、損失が発生した場合でも責任は負いかねます。
暗号資産の運用には、未だ高いリスクがあることを認識した上で行ってください。

記事の内容に間違い等ありましたら、Twitterやお問い合わせからご連絡いただけると助かります。

木曜23:41~土曜17:41の間で委任ロックが行われるんじゃないの?!

今回、エポック23の委任ロックブロックが木曜23:41以前に発生したブロックとなってしまったことで、デリゲートに間に合わなかった方も多くいらっしゃると思います(T_T)

実は過去にもこの現象は何度か発生しています。

エポック1~23までのVotePowerBlockを確認してみました。
※日付と時刻は日本時間です

これを見ると、これまでに3回「木曜23:41以前のブロックで委任ロック」が発生しています。

最初は「SongbirdはFlareのテストネットだしなー」「今後修正されていくのかなー」ぐらいの考えでいました。

しかし、

  • 5ヶ月で3回も発生していること
  • 委任を条件にしたNFTの特典が増えていること
  • 継続委任が条件となる特典もあること

など、「なんだかなー」では済まされない状況になってきました。

委任報酬開始初期と比較すると、現在は「確実にお目当てのプロバイダーに委任すること」はデリゲーターにとってとても重要になっています。

委任ロックブロック決定の正しい仕組みを理解しよう

ここであやママが思ったのが、

あやママ

もしかして、委任ロックブロックを決定するロジックは、厳密にいうとただの「時刻」ではないのかな??
だとしたら、難しくてもそのロジックを教えてほしいなー
コミュニティの誰かがそれを解読してくれるはず…ww

という、なんとも他人任せな発想(笑)

そして、そのロジックを教えてくれたのがいつもお世話になってるmaruさん(@maruda03672434)です(^^♪

maruさんのツイートを元に私が理解した内容がコチラです。

重要なのは、

委任ロックブロックは時刻ではなく、1週間のブロック発生数とそのタイミングに基づいて決定される

ということです。

わかりやすく、1週間で1000ブロックが発生したとして考えて見ます。

正しいロジックに基づくと委任ロックブロックは、

1週間で発生した総ブロック数を4等分した、
最後4分の1の塊の中から
ランダムで決定される

ということがわかりました。

1週間を時間で4等分した場合、最後4分の1のスタートに当たるのが「木曜23:41」なんですね。

FTSOプロバイダーはユーザーにわかりやすく「木曜23:41」と時刻で目安を教えてくれていたというとです。

しかし、1週間で均等にブロックが発生するとも思えません。

特にSparklesの登場やFlareFarmの利用が始まるタイミング等、一時的にブロック発生が集中するイベントがあると、下図のように同じ1000ブロックでも発生ペースに大きなばらつきが生じます。

このように前倒しの幅が大きくなればなるほど、木曜23:41以前のブロックが委任ロックブロックに選ばれる可能性が上がるということになります。

いつ委任すれば安心なのか?

これまでの説明で、委任ロックの前倒しが起こる可能性について理解していただけたと思います。

じゃあ、結局いつまでに委任しておけばいいの???

ということになりますね。

あやママ個人としては、「委任は水曜夜~木曜午前中が安心」と言えると思っています。
※絶対ではありません!!!!

これは、これまでの前倒しで一番早かったのが「木曜16:30」であることから見当をつけています。

しかし、今後週の前半で何か大きなイベントが発生し、Songbirdネットワークで活発な動きがあった際にはさらに前倒しの可能性もなくはないということを頭に入れておいた方がいいと思います!

ざっくり駆け足ではありましたが、以上が委任ロック前倒し問題の原因であることを理解していただければと思います(^^♪
追加補足情報などがあれば追記していきます!

ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
<< SBIVCトレード >>

日本初 日本円だけでNFTの売買ができる!
\ SBIWeb3ウォレットリリース /

国内最大級のインターネット総合金融
サービス事業を展開している
SBIグループが運営する暗号資産取引所
暗号資産におけるフルラインナップサービスを
利用できます(^^)/

現物取引販売所形式(取引手数料無料)
取引所形式(メイカー手数料-0.01%/テイカー手数料0.05%)
取り扱い銘柄:BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、DOT、LINK、ADA、DOGE、XLM、XTZ、SOL、AVAX、MATIC
レバレッジ取引保有している暗号資産を預託証拠金とすることも可能
レバレッジ手数料マイナスの銘柄もあり
貸コイン取り扱い銘柄全てに対応
積み立て500円~1円単位で取り扱い銘柄全て積み立て可能
積立銘柄ごとに積立頻度を日次・週次・月次から選択できます
ステーキングDOT、ADA、XTZ、AVAXのステーキングに対応
こんな記事もおすすめ