委任(デリゲート)

【FLR】使う?使わない?委任報酬の自動請求機能

FLR 委任 デリゲート 請求 CLAIM 自動

こんにちは!あやママです。
FlareNetwork(FLR)、SongbirdNetwork(SGB)の委任(デリゲート)報酬に関する情報を紹介しています(^^)

2023年1月10日にFLRが配布されはじめ、1月20日以降、3.5日毎に委任報酬請求が可能となります。

本記事では、

  • 3.5日毎に委任報酬を請求するのはめんどう…
  • 毎回忘れずに請求して複利の恩恵を最大限に活かしたい!
  • でも、自動請求にデメリットはないの?

という方に向けて「委任報酬の自動請求機能」について設定方法や注意点を紹介したいと思います。

留意事項

本記事を参考に実施された作業により損害が発生した場合でも責任は負いかねます。暗号資産の取り扱いは自己責任で行ってください。

まずは委任スケジュールを確認

FLR委任 デリゲート

すでに委任を済ませている方は理解されているかもしれませんが、おさらいです。

FLRの委任は1エポック=3.5日のサイクルで行われています。

上図のように、金曜日と月曜日に報酬が確定し、請求可能な状態となります。委任している皆さんは報酬をCLAIM(請求)すると受け取れます。

確定報酬をCLAIMしなかった場合、90日経過するとBurn(焼却)されて受け取れなくなります。

90日間は報酬を受け取らなくても大丈夫なのですが、委任報酬の魅力の1つである「複利」のメリットを最大限に活かすためには、毎回CLAIMすることが大切です!

少しずつでもWFLR残高を増やしていくことで、受け取れる委任報酬も雪だるま式に増えていきます。

3.5日毎のCLAIMを自動化してくれるツール

さて、委任報酬を毎回請求することが最終的な獲得FLR数の最大化につながることがわかりました。

もちろん、手動で毎回CLAIMするのも慣れてしまえばそんなに手間ではありません。スマホやPCでぽちぽちするだけなので、ルーティン化してしまえば!

ただ、忘れっぽかったりアラームを鳴らしたとしてもスルーしてしまうルーズな私の場合、3.5日毎のCLAIMを忘れずにこなせる気がしない…(笑)

でもCLAIMを忘れたくない!!!誰か自動でCLAIMしてよ!!!

というデリゲーターのニーズに応えてくれるツールたちがリリースされたので、紹介します。

あやママ

正直、CLAIMしなくても、複利効果がちょびっと薄れるだけなのでそんなにシビアにならなくても大丈夫なんですけどね(^^;
でも、ニーズが大きい機能であることは間違いないです!

BifrostWallet

おなじみのBifrostWalletがAutoClaimに対応しました!

AutoClaimは手数料として以下のFLRが必要になりますので、注意してください。

1回の請求につき0.4FLR + 設定有効時に0.4FLR

設定方法

委任画面にあるVIEW MOREをタップし、CONTINUEで進みます。
※右のCLAIMに関する説明画面は初めてVIEW MOREを押したときに表示されます

「Bifrost Claim Bot」のタブを切り替え、0.4FLRの手数料(設定有効時分)発生を了承して「CONFIRM」をタップすると、自動請求が有効化されます。

自動請求を有効化すると、3.5日毎に委任報酬の請求が自動で行われ、報酬から手数料0.4FLRが差し引かれますので、その点に注意してください。

報酬が0.4FLRに満たない場合、請求されません。報酬の合計が0.4FLR以上になった時に自動請求されます。

FlarePortal

BifrostWalletは使っていない…。という方は、メタマスクからFlarePortalで自動請求を設定することができます。

AutoClaim手数料:1回の請求につき0.4FLR + 設定有効時に0.4FLR

FlarePortalにウォレットを接続し、「Executor」のAddをタップ。
EnterAddressの欄にBifrostWalletが指定しているアドレス(後述)を入力してconfirmをタップ。

BifrostWalletは以下の通りFlarePortalに設定する場合のExecutorアドレスを公開してくれていますので、こちらを利用します。

0xdD76d702358936Af39c0E9F7E71F9512C83cacaE

FlareOracle

FTSOプロバイダーでもあるFlareOracleの委任サイト上でAutoClaimを設定できます。

AutoClaim手数料:1回の請求につき0.4FLR + 設定有効時に0.4FLR

自動請求使った方がいい?

あやママ

最初に申し上げますと、私は今すぐには使いません。

私がAutoClaimを使わない理由は「手数料0.4FLRをケチってでもFLRを増やしたいから」です。こう見えて、そんなに枚数持ってないんです(T_T)笑

まだFLRの委任は始まったばかりなので、とりあえず3.5日毎のCLAIMを体感してみたいと思っています。でも、そのうち使うと思います。

「0.4FLRの手数料を払ってでも自動請求を使った方がいいのか?」

は、その方の感覚によるので一概に全員使うべき!とは言えないです。

でも、一応試算してみましょう。

設定有効時に0.4FLR
   +
1回の請求で0.4FLR=週0.8FLR
1年は52週あるので 0.8×52=41.6FLR

自動請求の年間コストは42FLRです。

また、ご自身が受け取れる委任報酬額によってもこの手数料の負担は大きく異なります。
下表は報酬利率0.3%だった場合、委任報酬に占める自動請求手数料(0.4FLR)の割合です。

保有FLR委任報酬
(0.3%想定)
自動請求
手数料の割合
1000FLR3FLR13%
10000FLR30FLR1.3%
50000FLR150FLR0.26%

保有FLRが多ければ多いほど負担は軽減されるので、ご自身の保有量や見込める委任報酬に対して0.4FLRという手数料が割高に感じるか否か考えてみてくださいね。

このコストを「委任報酬ですぐペイできるから♪」と許容するか、「1FLRも無駄にしたくない…!」と判断するかは人それぞれですからね!
ON/OFFはいつでもできるので、使ってみて不要と感じればOFFにするのでもいいかなと思います。

ただし、再度有効にするときには設定時手数料0.4FLRが再度発生するので注意してください。

あやママ

とても便利な機能であることは間違いないので、注意点を理解した上で賢く活用したいですね(^^♪

ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
<< SBIVCトレード >>

日本初 日本円だけでNFTの売買ができる!
\ SBIWeb3ウォレットリリース /

国内最大級のインターネット総合金融
サービス事業を展開している
SBIグループが運営する暗号資産取引所
暗号資産におけるフルラインナップサービスを
利用できます(^^)/

現物取引販売所形式(取引手数料無料)
取引所形式(メイカー手数料-0.01%/テイカー手数料0.05%)
取り扱い銘柄:BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、DOT、LINK、ADA、DOGE、XLM、XTZ、SOL、AVAX、MATIC
レバレッジ取引保有している暗号資産を預託証拠金とすることも可能
レバレッジ手数料マイナスの銘柄もあり
貸コイン取り扱い銘柄全てに対応
積み立て500円~1円単位で取り扱い銘柄全て積み立て可能
積立銘柄ごとに積立頻度を日次・週次・月次から選択できます
ステーキングDOT、ADA、XTZ、AVAXのステーキングに対応
こんな記事もおすすめ