Flare/Songbird

【FLR/SGB】委任(デリゲート)で報酬がもらえる仕組みをざっくりと解説

FLR委任デリゲートFTSO解説

本記事では、以下の記事で紹介した委任報酬システムについて、「なぜ委任すると報酬がもらえるの?」という点に注目してみます。

FLR受け取り準備、委任練習
【一部国内取引所でも配布決定!】FLRが配布されたらどうすればいい?委任報酬の貰い方【一部国内取引所でも配布決定!】FLRが配布されたらどうすればいい?委任報酬の貰い方...

あやママもこの仕組みを完璧に理解している訳ではなく、ざっくりぼんやりの理解です(笑)細かいところは頭が追いつかないので…(^^;

解説にはTwitterでお世話になっているパンドミさん(@danemon8038)のツイートを使っていきます!

FlareNetworksよりFLR版の委任ではSGB版から何点かルールを変更することがアナウンスされています。本記事最後で少しその内容に触れています。

委任報酬システムには3つの役割で成り立っている

Flareネットワークは「異なるブロックッチェーン同士を相互接続する」というビジョンを描いています。

これを実現するためには、各ブロックチェーン上に存在するトークン(XRP、LTC、XLM等)の正しい価値をFlareネットワークが常に把握する必要があります。

あやママ

では、各トークンの正しい価値(適切な価格)とは一体いくらなのでしょうか?

コインベースの価格?バイナンスの価格?コインチェックの価格?
各取引所の価格は微妙に誤差があり、同じではありません。

Flareネットワークで実現したい機能の為には適切な価格情報が必須。

そこで登場するのが委任報酬システムの根幹であるFTSOです!

FTSOとは「Flare Time Series Oracle」のことです。詳細は後述します。

委任報酬システムはFTSOを中心に以下の3者がそれぞれの役割を担っています。その役割を理解することで、自分たちがなぜFLR(SGB)を委任して、どうやって報酬を得ているのかがざっくり掴めてきます。

  • FTSO
    プロバイダーから集めた価格情報を根拠に適切な価格決定を行う
  • FTSOプロバイダー
    トークンの価格情報をFTSOに提供する
  • デリゲーター(委任者) ←私たち!!
    トークンの値付けをプロバイダに委ねる
あやママ

私たちはデリゲーター!!!なんかかっこいい!!!

【FTSO】それは価格情報を司る神

FTSOは委任報酬システム上でも重要な「価格情報」を司る神ということにしましょう。

パンドミさんの図解を見てもらうとわかりやすいですが、

FTSO(神)は3分に1回、Flareネットワークに参加しているブロックチェーンのトークンの価格をFTSO(シグナル)プロバイダー達に尋ねます。

プロバイダー達は各々の方法で現在最も適切だと思われる価格をFTSO(神)に提供します。

FTSO(神)はプロバイダーから提供された情報を元に、以下の様な方法で最も適切な価格を判断し、参考になる価格情報を提供してくれたプロバイダーに対して報酬(ありがとフレア)を付与します。

こうしてプロバイダーがFTSO(神)からもらった報酬のうち、一部が各プロバイダーに委任しているデリゲーターである我々にも配分されます。

あやママ

上記の引用元ツイートでも説明されていますが、

なぜプロバイダーは我々にも報酬を分けてくれるの?我々デリゲーターが委任したFLR(SGB)は何の役に立ってるの?

という点を続いてみていきます!

【FTSOプロバイダー】デリゲーターから委任されたFLR(SGB)量に応じて価格情報提供の優位度が上がる

我々が委任するFLRやSGBは各プロバイダーのVotePower(投票力)として反映されます。

デリゲーターからたくさん委任されているプロバイダーはVotePower(投票力)が高くなり、価格情報提供での影響力が増して報酬を獲得しやすくなります。

あやママ

じゃあ、VotePowerの高いところに委任しておけば報酬も得やすいんやし、悩む必要なくない?みんながVotePower上位のプロバイダーに委任して集中しちゃうだけやん。

と、思いますよね?しかし、ツイートの通りVotePowerの上限は10%と制限されており、それ以上の委任を集めても超過分はFTSOが価格決定する際の参考にはしてもらえません。

それどころか、委任者が多いということは報酬を分配する対象も多いことになるので、委任者1人1人の報酬取り分は減ってしまいます。

我々デリゲーターはいかに「VotePowerが低いにもかかわらず、適正な価格情報を提供して多くの報酬を獲得しているプロバイダーに委任するか」が大事ということです!

参考

下図がSongbirdネットワーク/エポック47の2日目報酬利率(RewardRate)上位プロバイダーです。よく見てみると、報酬利率1位のsToadz FTSOのVotePowerが一番高いという訳ではないことがわかります。

むしろVPは低めですよね?それでも適切な価格情報を提供できているということなので、優秀なシグナルプロバイダーと言えます(^^)

【デリゲーター】委任先にはデリゲーターの個性が出る

ここまでで、

FTSOという価格情報を司る神が、
より適切な価格情報を提供してくれたFTSOシグナルプロバイダーに対して報酬を配分しており、
その一部を各プロバイダーに委任している私たちデリゲーターにも配分してくれている。

という流れがわかっていただけたかと思います。

委任するプロバイダーを決める基準としては直近エポックのRewardRate(報酬利率)やVotePower(投票力)を分析するのが最適解ではありますが、他にもいくつか基準があります。

上のツイートにあるように、FTSOシグナルプロバイダーにはそれぞれ特色があります。

  • プロバイダーの報酬取り分を標準の20%より低く設定してデリゲーターの取り分を多くしてくれているところ
  • 数エポック間、継続して委任してくれたデリゲーターに対してNFTを付与してくれるところ
  • 委任したFLR(SGB)の量に応じてプロバイダー独自トークンを付与してくれるところ

など、その施策は色々です。

こういった情報を追うにはTwitterが一番早く情報をキャッチできますので、気になるプロバイダーのTwitterアカウントをフォローしたりして情報を集めてみてくださいね!

あやママのアカウントでも、気になるプロバイダーや新たな委任特典などの情報を呟くときがあります(^^)

以上、超超ざっくりとデリゲートで報酬をもらえる仕組みについてご紹介しました。
仕組みが少しわかると、委任先の選択も楽しくなりますね(^^)

より詳しく掘り下げて理解を深めたい方にはリップル先生(@xrpripple7)の記事がおすすめです!

【重要】FLR版の委任では変更点がありそう!

Flareネットワーク稼働を控えて、FLR版の委任についての情報が少しずつ明らかになってきました。FLR版の委任SGB版からの変更点がいくつかありそうです。

SongbirdFlareNetwork委任変更点
【SGB→FLR】委任ルールの変更点をチェック!【SGB→FLR】委任ルールの変更点...

私も出来るだけ情報を追いつつ、随時記事の修正をしていくつもりです。が、実際のところはFLR版の委任をやってみないことにはわからないというのが本音です…(^^;;

出来るだけ正確な情報をお伝えできる様に努力しますが、これから始まる新しい事なので、情報が二転三転する可能性があることをご了承くださいm(_ _)m

bitbankではFLR⇔日本円の交換が可能になります(^^)

bitbank
ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
<<クリプタクト>>

\暗号資産投資家の確定申告必須ツール/
無料体験プランあり(*^^*)

取引履歴をアップロードするだけで
確定申告に必要な損益計算をしてくれます!
一部取引所はAPI連携にも対応で楽々♪

関連記事