Flare/Songbird

【Sparkles】SongbirdNFTプラットフォーム上でのNFT売買方法

sparkles

SparklesはSongbirdネットワーク上のNFTを売買できるNFTプラットフォームです。

2022年2月現在、以下のコレクションの売買が可能になっています。

  • 888 InnerCircle
  • Baby Songbird
  • Bored Apes SGB
  • Bazooka Chicks
  • Cosmic Bombers
  • Pretty Pandas
  • Rare Pepe Club
  • Red Pill
  • SGB Whales
  • Songbirds Potatoes
  • Songbird Punks
  • Super Bad Babies
  • Super Bad Genesis Seeds
  • The Cooties
  • The Knooks
  • The Sparkles Genesis Collection

本記事では、ご自身が所有するNFTをSparklesで売りに出す方法をご紹介します。

SparklesでNFTを売ろう!

NFTを保有するウォレットのブラウザでSparklesNFTのサイト(https://sparklesnft.com/)にアクセスし、ウォレットを接続します。

プロフィールアイコンをタップし、「My profile」ページにアクセスすると、ウォレットで保有するNFTが表示されます。
※ここで表示されるNFTは、Sparklesで取引可能なNFTのみです。BestFTSOでのみ売買されるNFTは表示されません。

売りに出したいNFTを選択し、「List NFT for sale」をタップして価格を設定します。
売れた場合、5%の利用料が引かれますので「You will receive」にある価格が手元に入る金額となります。
「Approve」をタップしてトランザクションを承認したら、「Put on sale」がタップできるようになりますのでタップします。

以上でNFTの出品は完了です!

売れた時の通知などは特になく、気づいたらウォレットの残高が増えていて「あ。売れたんだ!」となります(^^;

Sparklesの基本操作とNFT購入方法

順番が前後しますが、Sparklesの基本的な見方も少し…

「COLLECTION」タブで見たいNFTコレクションを選択できます。
「Filter」を選択し、Priceを「Low to High」で並び替えると、売りにだされているNFTが価格が低い順に表示されます。
NFT出品時の価格設定等の参考になりますので、チェックしてみてください。

この時点でBoredApesSGBの最低価格2600SGBで出品されている#298を購入したい場合、このNFTを選択します。
NFTのページで「Purchase now」を選択すると購入可能です

Sparklesは今後FlareOracleで獲得したNFTの売買が可能となる可能性もあるので、要チェックです★

ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
<< SBIVCトレード >>

日本初 日本円だけでNFTの売買ができる!
\ SBIWeb3ウォレットリリース /

国内最大級のインターネット総合金融
サービス事業を展開している
SBIグループが運営する暗号資産取引所
暗号資産におけるフルラインナップサービスを
利用できます(^^)/

現物取引販売所形式(取引手数料無料)
取引所形式(メイカー手数料-0.01%/テイカー手数料0.05%)
取り扱い銘柄:BTC、ETH、XRP、LTC、BCH、DOT、LINK、ADA、DOGE、XLM、XTZ、SOL、AVAX、MATIC
レバレッジ取引保有している暗号資産を預託証拠金とすることも可能
レバレッジ手数料マイナスの銘柄もあり
貸コイン取り扱い銘柄全てに対応
積み立て500円~1円単位で取り扱い銘柄全て積み立て可能
積立銘柄ごとに積立頻度を日次・週次・月次から選択できます
ステーキングDOT、ADA、XTZ、AVAXのステーキングに対応
こんな記事もおすすめ