Songbird

【Sparkles】SongbirdNFTプラットフォーム上でのNFT売買方法

sparkles

SparklesはSongbirdネットワーク上のNFTを売買できるNFTプラットフォームです。

2022年2月現在、以下のコレクションの売買が可能になっています。

  • 888 InnerCircle
  • Baby Songbird
  • Bored Apes SGB
  • Bazooka Chicks
  • Cosmic Bombers
  • Pretty Pandas
  • Rare Pepe Club
  • Red Pill
  • SGB Whales
  • Songbirds Potatoes
  • Songbird Punks
  • Super Bad Babies
  • Super Bad Genesis Seeds
  • The Cooties
  • The Knooks
  • The Sparkles Genesis Collection

本記事では、ご自身が所有するNFTをSparklesで売りに出す方法をご紹介します。

SparklesでNFTを売ろう!

NFTを保有するウォレットのブラウザでSparklesNFTのサイト(https://sparklesnft.com/)にアクセスし、ウォレットを接続します。

プロフィールアイコンをタップし、「My profile」ページにアクセスすると、ウォレットで保有するNFTが表示されます。
※ここで表示されるNFTは、Sparklesで取引可能なNFTのみです。BestFTSOでのみ売買されるNFTは表示されません。

売りに出したいNFTを選択し、「List NFT for sale」をタップして価格を設定します。
売れた場合、5%の利用料が引かれますので「You will receive」にある価格が手元に入る金額となります。
「Approve」をタップしてトランザクションを承認したら、「Put on sale」がタップできるようになりますのでタップします。

以上でNFTの出品は完了です!

売れた時の通知などは特になく、気づいたらウォレットの残高が増えていて「あ。売れたんだ!」となります(^^;

Sparklesの基本操作とNFT購入方法

順番が前後しますが、Sparklesの基本的な見方も少し…

「COLLECTION」タブで見たいNFTコレクションを選択できます。
「Filter」を選択し、Priceを「Low to High」で並び替えると、売りにだされているNFTが価格が低い順に表示されます。
NFT出品時の価格設定等の参考になりますので、チェックしてみてください。

この時点でBoredApesSGBの最低価格2600SGBで出品されている#298を購入したい場合、このNFTを選択します。
NFTのページで「Purchase now」を選択すると購入可能です

Sparklesは今後FlareOracleで獲得したNFTの売買が可能となる可能性もあるので、要チェックです★

ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
GMOコイン

日本円出金手数料無料!
取扱通貨20種!
GMOコイン

GMOコインは日本円出金手数料が無料のため、暗号資産を日本円にして引き出す際に必ず利用したい取引所です。
まだ口座をお持ちでない方は、開設しておくことをお勧めします。

取扱通貨も20種と豊富な為、保有通貨を日本円へトレードする際にも重宝します。

他の暗号資産取引所からGMOコインに通貨を送金→日本円に換金→銀行へ出金も、もちろん可能です!

口座開設