XRPLエアドロップ

【LedgerNano】XRPLトラストライン設定用HEXの調べ方

xrplhex

XrpToolkitを使用してLedgerNanoのアドレスでトラストラインを設定する場合、Currencyコード欄に3文字以上入力することができません。

その際に利用するのが、HEX(16進数)を使って表すXRPLの非標準通貨コードです。

HEXを使えば、長い文字列のCurrencyコードもXrpToolkitで入力することができるようになり、LedgerNanoでエアドロップの受け取りが可能になります。

airdropledgernano
LedgerNanoでXRPLエアドロップを受け取る方法XrpToolkitを使用して、LedgerNanoSのアドレスで$ELSを受け取るための申請方法をまとめます! と...

非標準通貨コードって何?

XRP Ledgerのサイトではこのように説明されています。

非標準通貨コード
通貨コードとして160ビット(40文字)16進文字列(例: 015841551A748AD2C1F76FF6ECB0CCCD00000000)を使用して、その他のタイプの通貨を発行することもできます。異なる通貨コードタイプとして扱われないようにするには、先頭8ビットが0x00であってはなりません。

https://xrpl.org/ja/currency-formats.html

16進数を使って、40文字のコードで表す通貨名も使えるよ

って感じですかね…?詳しいマニアックなことは私もよくわかりません。。。

HEXを調べる方法

私はTwitterのフォロワーさんから教えて頂いた方法でHEXを調べて、LedgerNanoでトラストラインを設定しています。

  1. 通貨コードを16進数に変換
  2. 後ろに「0」を足して合計40文字にする

これだけです(^^;
一応順序だててご紹介します。

ラッコツールにアクセスして「テキスト⇔16進数」を選択
変換したい通貨コードを入力して「テキスト→16進数>」をクリック
 ※画像では例としてSmartNFTを入力

変換された16進数をコピーしてメモに貼り付け
カンマを消して、全部で40文字になるように末尾に「0」を追加する

完成\(^o^)/
 あとはこの40文字をXrpToolkitのCurrency欄に入力するだけです。

!!超重要!!
Currency欄にHEXを入力した場合、Confirm Transactionの画面でLimit Amountの下に表示される通貨名が正しい文字列(“SmartNFT”や”HADA”等)になっているか確認してください。
ここに表示される通貨名は入力したHEXから変換された文字列です。

なんか、記事にするまでもない気もしますが…(^^;
でも、今後新しいトラストラインが公開された時、この手順が分かっていればすぐにLedgerNanoでも申請できますね!

あやママ

3文字のコードはNGなのに何で40文字のHEXはOKなの?という素朴な疑問はありますが。。。その辺の仕組み的なことは考えたらきりがありませんww

xummでtipbotを有効にする手順xummでtipbotを有効にする手順...
ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
Ledgerシリーズ

暗号資産をハッキングから守る
ハードウェアウォレット
LedgerNanoSplus



LedgerNanoSplusは
暗号資産の秘密鍵を
オフラインで保管する
ハードウェアウォレットです。

Metamaskと連携
させることが可能で
一部のNFT保管にも対応。
Androidスマホの場合は
スマホアプリでの操作が可能です。

不正な商品を購入しないためにも、
購入は公式サイトまたは正規代理店から!!