Flare/Songbird

【PangolinDEX】NFTを活用したユニークなステーキングシステムも?!SongbirdにやってきたDEXを紹介

Pangolin DEX NFT パンゴリン Songbird

2022年9月、SongbirdネットワークにやってきたDEX「Pangolin DEX」!

URL:https://app.pangolin.exchange/

なんか名前が可愛いですね。パンゴリン♪

Avalanchチェーンで誕生したDEXがSongbird、Flareネットワークにも参加するそうです。他のチェーンで稼働していたサービスが進出してきてくれるというのは嬉しい事ですよね!

あやママ自身も、重い腰を上げてやっとPangolinを触ってみました。

最初は「DEXってことは、FlareFinanceやOracleSwapとだいたい一緒でしょー?」と思ってたんですが…

あやママ

え!!なんか!全然違うんですけど?!

ということで、これまでSongbird上で稼働してきた DEXとの違いなどを中心にご紹介したいと思います!

注意事項

暗号資産の取り扱いは自己責任で行ってください。本記事を参考に実施された作業の結果、損失が発生した場合でも責任は負いかねます。

Pangolinで出来ること

PangolinDEXの機能は大きく分けて3つ。

  1. スワップ
    Songbirdネットワーク上のトークン交換
  2. 流動性提供(Pool&Farm)
    流動性ペアを組んで(LPトークン)ステーキング
  3. ステーキング
    PSBトークンのシングルステーキング
あやママ

え?やっぱりFlareFinanceやOracleSwapと同じやん。

ってなりますよね。うんうん。そうなんです。出来ることはなんとなく同じです。

Pangolinが他のDEXと違う点

では、何が違うのか?あやママがPangolinを触ってみて感じたユニークな点は2つ!

  1. 報酬をClaimせずに運用できる複利ステーキング機能(Compound)
  2. NFTを活用したシングルステーキングのAPY管理(NFTはAPY情報を保持したまま売却可能)

順番にみていきましょう(^^)/

報酬の複利ステーキング(Compound)

もしかしたら、他チェーンのDEXでは既にあるシステムなのかもしれないですが…(^^;;
私はPangolinで初めて知ったので紹介します。ご存知の方はすみません…

Pangolinで獲得できるステーキング報酬のPSBトークン。

これまでのSongbirdネットワークで稼働するDEXでは、この報酬を手動でClaim(請求)していました。ステーキング運用の流れとしては

  1. 報酬のClaim
  2. 獲得した報酬でさらに流動性ペアを組んでステーキング(もしくはシングルステーキング)
  3. ①に戻る

というイメージですね。この時、報酬をClaimしたからといってAPYに特に影響はありません

あやママ

よって、定期的にClaimして再度ステーキングに回すことで「複利効果を得る」ことが利益の最大化につながっていました。

しかし、Pangolinのステーキングはシステムが少し異なります。

ステーキング継続期間に応じてAPYが上昇

Pangolinでは、ステーキングを長くすればするほどAPYが上昇していきます。

しかし、報酬をClaimすると、APY0%からやり直しになってしまいます。

あやママ

え?!じゃあClaimしたくないやん!!でも永遠にClaimしないのはステーキングの意味がない…

そうですねぇ…(^^;;どうしましょ(笑)
選択肢は2つ!

  1. APY0%からやり直しになるのを承知でClaimする
  2. Compoundを利用してSGB/PSBペアの流動性プールに投入

それぞれの選択肢概要とあやママが考えるメリット・デメリットはこんな感じ。

①APY0%からやり直しになるのを承知でClaimする

報酬額を確定させて確実に受け取ることはとても重要!
仕様と割り切ってある程度の報酬が貯まった時点でClaimし、再度APY0%からコツコツ報酬を積み上げる方法です。

ClaimしたPSBは売却しても良し、別のプールでステーキングしても良し!!

メリット:獲得したPSBトークンを自由に利用できる(SGB/PSBプール以外でのステーキング・売却等)

デメリット:②と比較して獲得できるPSBトークン量は減る

②Compoundを実行してSGB/PSBペアの流動性プールに投入

PangolinDEXで提供されている「Compound」という機能を使うと、ステーキング継続で上昇したAPYをリセットすることなく複利運用することが可能になります。
※Compound=複利

ステーキングしているPoolでCompoundを実行すると、PoolのAPYを維持したまま報酬として貯まっていたPSBトークンをSGB/PSBペアのPoolに投入することができます。

この時、投入するPSBトークン量に対して必要なSGBの量も提示されるので、ウォレットにはSGBを用意しておく必要あり!

メリット:①と比較して獲得するPSBトークン量を増やせる

デメリット:報酬の用途がSGB/PSBプールへの投入に限定される

あやママ

ClaimとCompoundどちらにするかはご自身の戦略によって異なると思います。どっちが正解、不正解というのはありません!
私はとりあえず最初はCompoundかなぁ…

Compoundする場合の注意事項

一時、システムの不具合?で出来なかったCompoundですが、出来るようになっていたのでやってみました。

1点わかったことがあるので共有します。

Compound中は、SGB-PSBファームで報酬の請求ができませんでした。

このファームからリクイディティを削除したり、報酬を請求することはできません。
これを行うには、まずこのファームからステークを請求する必要があります。:SGB-ORACLE

あやママ

なんと…(T_T)
SGB-PSBファームでは定期的に報酬を請求しようと計画していましたが、出来なかった…。

CompoundしたSGB-PSBの報酬を受け取るには元のSGB-ORACLEファームのステーキングを解除しないとダメっぽいですね…。

利益を確定させるのが難しい…

NFTを活用したAPY管理(SAR:Sunshine and Rainbow)

続いて、あやママが「おもしろーい!」と思ったNFTを使用したステーキングについて。

こちらは、PSBトークン単体でステーキングする場合のシステムです。
Sunshine and Rainbow(SAR)」という名前が付いていて、なんともハッピーな雰囲気(*^^*)

公式の資料はこちらのMediumで確認できます。

「NFTを活用するステーキング」とはどういうことなのか?みていきましょう!
最初に、PSBトークンをステーキングすると「Pangolin Staking Positions」というNFTが発行されます。

あやママ

かっこええ!!!

このNFTには、以下の情報が付加されています。

  • ステーキングしているPSBトークン量レベル(Balance Level)
  • ステーキング継続期間レベル(Duration Level)

シングルステーキングも流動性ステーキングと同様に、ステーキング継続期間が長ければ長いほどAPYが上昇していきます。それに伴い、NFTが保持するステーキング継続期間レベルもUP!

あやママ

NFTの見た目も少し変化していくのが楽しいです!育ててるみたい♪
下図の場合、ステーキング継続期間レベルがUPして★が1つ付きました(*^^*)
エンブレムの色味も少し変わりましたね。

ステーキングポジションごとに1つのNFT

Pangolin Staking Positions NFTはステーキングポジションごとに1つ発行されます。ユーザーは、ステーキングするPSBトークン量を増やす際、以下の2つの方法を選択できます。

  1. 新規にNFTを発行して新しいステーキングポジションを持つ
  2. 既存のNFT (ステーキングポジション)にトークンを追加する

①の場合、NFTが1つ増えます。追加ポジションNFTのAPY表示は0%。ここから徐々に上昇していきます。
既存ステーキングポジションNFTのAPY表示はそのまま継続して上昇していきます。

②の場合、NFTは1つのまま。NFTに表示されるAPYの表示は既存ステーキングポジションと追加ポジションの平均値となります。

NFTは売却可能

面白いのが、この「Pangolin Staking Positions」NFTはSparkles等のNFTプラットフォームで売却する事が可能!!

あやママ

APY情報(ステーキング継続期間レベル)を保持して売却できるらしく、高APYのNFTなら高値で売却できるかも…?!
※下の「注意」を必ず確認してください!

ステーキング報酬以外にもNFTを育てることで稼げるかもしれませんね…。

※注意※

あやママ自身、「APYを保持したままNFTを売却可能」という仕様を確認するため、Sparklesに出品されている Pangolin Staking Positions NFTを購入してみました。

しかし、購入したNFTでは上手くStakingポジションを追加できなかったです…。具体的には、PangolinのStaking画面に購入したNFTが表示されません。ウォレットにあることは確認できていて、APY情報もプロパティに表示されているのですが…(^^;

Discordで質問していますが、まだ回答もなく…。

より高いAPYを求めてNFTを購入することを検討する場合は、自己責任でお願いしますm(__)m

NFTが保持する情報

こちらはSparklesで確認できるPangolin Staking Positions NFTのプロパティです。

  • Balance
    このステーキングポジションに投入しているPSB量
  • Entry Time
    ステーキング開始時間を表す数列??
  • Balance Level
    ステーキング量レベル(0~最大9)
    NFTのエンブレムが変化する
  • Duration Level
    ステーキング継続期間レベル(0~最大9)
    NFTの星が増える

BalanceLevelとDurationLevelは下表のステップで上がっていくそうです。
※Discordより

あやママ

Sparklesでどんなエンブレムがあるのかチェックしてみました!

Balance Levelで変化するエンブレム

あやママ

星が増える(DurationLevelが上がる)と、エンブレムの色味もシルバーからゴールドに変わっていくみたいですね!

PangolinDEXのステーキング参加に必要な$PSBはSGB委任者にもエアドロ予定

Airdrop: 2% (Pre-mint, Initially 1% will be airdropped to PNG (Avalanche) users, then the remaining 1% will be airdropped a few weeks later to users who did not sell the initial airdrop and/or who were staking their SGB tokens on any FTSO on the Songbird network when the snapshot is taken.) (Citizens or residents of the United States of America are not allowed to PSB token airdrop due to applicable law.)

エアドロップ: 2% (プレミント、当初1%はPNG (Avalanche)ユーザーにエアドロップされ、数週間後に残りの1%が最初のエアドロップで売れなかったユーザー、および/またはスナップショットが取られたときにSongbirdネットワーク上の任意のFTSOにSGBトークンを賭けていたユーザーにエアドロップされます)。(アメリカ合衆国の市民または居住者は、適用される法律により、PSBトークンのエアドロップを行うことができません)

[Litepaper: Pangolin Songbird]https://medium.com/pangolin-exchange/litepaper-pangolin-songbird-d092cb117f77

配布日時はまだ発表されていませんが、SGBを委任している場合にPSBのエアドロップが受け取れるそうです。プロバイダーは問わず、委任していればOKということだと思われます。

あやママ

PangolinDEXのステーキングに興味のある方は、エアドロップで配布されたPSBで参加してみるのがリスクも低くて安心かもしれません。

今回はここまでーー!!!
PangolinDEXが今までのSongbird上のDEXと異なる点を中心に紹介しました。

具体的なPangolinDEXを利用したスワップ手順やステーキングの手順も追って記事化できたらなと思います(^^)

ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
<<クリプタクト>>

\暗号資産投資家の確定申告必須ツール/
無料体験プランあり(*^^*)

取引履歴をアップロードするだけで
確定申告に必要な損益計算をしてくれます!
一部取引所はAPI連携にも対応で楽々♪

関連記事