Songbird

【Oracle Swap】とは?SongbirdネットワークのDEXに参加する方法

oracleswap

あやママは現在、OracleSwapについてお勉強中!!

自分の勉強も兼ねて、Oracle Swap周りの情報をまとめていきたいと思います(^^)

注意事項

当ブログに記載している情報は、あやママが英文サイトやツイートの一次情報を元にした解釈した内容です。

翻訳の段階で微妙なニュアンスを取りこぼしている場合があります。

また、委任報酬とそれに伴う他の特典(NFTなど)を得るための条件は運営側の都合で随時変更される場合があったり、非常にあいまいな表現をされる事があります。

当ブログの情報はあくまで参考程度に留めていただき、必ずご自身でも一次情報を確認してください。

当ブログを参考にした結果、期待した利益が得られなかった場合、また不利益を受けた場合など、いかなる責任も負いかねます。

公式HPの内容から読み解く

本記事では、Oracle Swap公式サイトのトップページにあるこちらの内容を翻訳して、みていこうと思います!

Oracle Swap The Premiere DEX On The Songbird Network
Oracle Swap is an open DeFi platform on the Songbird Network where users can swap their tokens! It is a Decentralized Exchange that creates an open market for users to create liquidity for their tokens. It also provides a variety of opportunities to gain yield by providing liquidity and staking!

What are The Oracle NFTs?
The Oracle NFTs are your way of participating in one of the largest Airdrops on the Songbird Network. By minting & holding The Oracle NFTs you will be qualified to receive the $ORACLE Token Free Airdrop. Each NFT gives you a different amount of Oracle airdrop points.

What is the $ORACLE Token?
Oracle tokens are the native token for the Oracle Swap DEX. With these tokens you can stake and also exchange them for other SGB tokens.

How do I participate?
To participate you can mint The Oracle NFTs or you can hold 1 of 3 different NFTs from the Rare NFT Club. Those NFTs are the Rare Pepes , Pixel Pepes and REDPILL. Each Rare NFT Club NFT will give you a different amount of airdrop points. See more at docs.oraclswap.io.

Why should I participate?
By minting The Oracle NFTs you will you get Oracle Airdrop Points which makes you eligible to be airdropped free $ORACLE Tokens, which can be staked. On top of that you will also be able to stake your Oracle NFTs on the NFT Marketplace when it goes live. By participating you are getting in on the ground floor of a brand new ecosystem on the Songbird Network!

https://www.oracleswap.io/

Oracle Swapとは?

《翻訳》

Oracle SwapはSongbird Network上のオープンなDeFiプラットフォームで、ユーザーは自分のトークンをスワップすることができます! これは分散型取引所であり、ユーザーがトークンの流動性を生み出すためのオープンな市場を作り出します。また、流動性の提供やステーキングにより、様々な利回りを得る機会を提供します!

SongbirdネットワークのDEXと言えばFlareFinanceの「FlareX」がそれに当たるのかな?と思います。Oracle Swapの登場により、SGBネットワーク上のトークンを活用する選択肢が増えることになりますね。

取り扱い予定のトークンはTwitterで発表されています。

FlareFinance関連のトークンを始め、参加者の多い$CNYXもリストされています!
※トークンは今後も追加される可能性があります。

あやママ

上のツイートの後、FlareFinanceとの協議の結果DFLRはリストから除外されることが発表されました。

よくわからなかったトークン

$HS
Honey Sticksという特定のプロジェクトからのNFTベースのトークン報酬のようです…
ん~~、よくわからない(^^;

$COOT
SGBネットワークのNFTコレクション「Cooties」(@CootiesNFTs)保有者へのエアドロトークン?のようです
BestFTSOでNFTpで購入できるやつですね!Sparklesでもリストされています。

あやママ

個人的には、これから始まるFlareOracleの$FORTもリストされるとうれしいなぁ♪

Oracle NFTとは?

《翻訳》

オラクルNFTは、Songbirdネットワーク最大のエアドロップの1つに参加する方法です。オラクルNFTをmintして保有することで、$ORACLEトークン・フリー・エアドロップを受け取る資格を得ることができます。各NFTは、それぞれ異なる量のオラクルエアードロップポイントを提供します。

Oracle NFTは参加者がmintすることで獲得できます。

  • mint開始:2021.5.6(金)10:00(日本時間)
  • 価格:1111SGB(初期価格)
    ※mint価格はmint開始後5日経過毎に5%UPします
あやママ

mint個数に応じて大量mint者にはボーナス(追加のOracle Token)が付与されるようです。
10-49個で22000?50個以上で222000?…ってこと…?かな?ちょっと自信ないです(^^;

NFTの特性によって決まる”ポイント”でエアドロ量も変わる!

Oracle NFTはこれまでSGBネットワークでmintされてきたBoredApesSGBやSongbirdpunks、CYBRと同じ様に、それぞれが唯一の特性を保持しています。

個々の特性にはポイントが設定されており、それを計算していくことでOracle NFTの保有ポイント(オラクルポイント)が確定します。

保有ポイント(オラクルポイント)に応じて、エアドロップされるOracle Tokenの量が決まります。

オラクルポイントについては長くなるので、こちらの記事にまとめています!
どんな特性があるのか?チェックしてみてくださいね(^^)

oraclenft
【Oracle NFT】特性からオラクルポイントを確認する方法【Oracle NFT】特性からオラクルポイントを確認する方法...
あやママ

保有ポイント(レア度)の高いOracle NFTをmint出来ると、多くのOracleトークンエアドロップを受け取ることができるということですね!

NFTステーキングについてはまだ情報が少ない

個人的に興味津々なのがNFTステーキングなのですが、まだ「おおお!」という情報は出ていません(笑)

Users who stake their Oracle NFTs will receive a portion of the transactions fees from the Oracle NFT Marketplace! Users will delegate their Oracle NFT to a staking pool and a portion of the transaction fees from the marketplace will be distributed to this pool!

https://docs.oracleswap.io/the-oracle-nfts-airdrop/oracle-nft-staking

ドキュメントの内容によると、

Oracle NFTをステーキングするユーザーは、Oracle NFTマーケットプレイスからの取引手数料の一部を受け取ることができます ユーザーは自分のオラクルNFTをステーキング・プールに委任し、マーケットプレイスからの取引手数料の一部がこのプールに分配されます!

手に入れたOracleNFTをプールに預けたら、マーケットプレイスの手数料($ORACLE?)の一部を受け取れるんですよね?きっと…(笑)

Oracle Tokenとは?

《翻訳》

オラクルトークンは、オラクルスワップDEXのネイティブトークンです。このトークンを使って、ステークしたり、他のSGBトークンに交換したりすることができます。

Oracleトークンについては、公式のドキュメントページに詳しい記載があります。

そちらの記載によると、トークンの配分は以下の通り。

  • 総供給量:10億
  • エアドロップ:5.05億
  • チーム:2.5億
  • リザーブ/マーケティング:2.45億

※リザーブは燃やしたり、流動性のために使ったり、他の取引所に提供したりすることができます

https://docs.oracleswap.io/about/tokenomics より

配分図を見ると、エアドロップの約5億オラクルトークンは主にNFT保有者に配分されることがわかります。

早くから提携を発表していたRarePepeシリーズ(@RareNFTclub)にも多くエアドロされるようですが、

WSGB保有者にも5.5千万オラクルトークンが割り当てられています!

あやママ

エアドロ量は少ないかもしれませんが、WSGBを持っているだけでもオラクルトークンを受け取れるのは嬉しい!続報が楽しみです。

エアドロップ参加方法は?

《翻訳》

エアドロップへ参加するには、オラクルNFTをmintするか、RareNFTクラブから3種類のNFTのうち1つを保有することができます。これらのNFTは、Rare Pepes、Pixel Pepes、REDPILLです。それぞれのRare NFT Club NFTは、異なる量のエアドロップ・ポイントを獲得できます。詳しくはdocs.oraclswap.ioでご覧ください。

オラクルNFTについては先述の説明の通り、5/6からmint開始予定です。(初期価格1111SGB)

oraclenft
【Oracle NFT】特性からオラクルポイントを確認する方法【Oracle NFT】特性からオラクルポイントを確認する方法...

もう1つの手段として、RareNFTクラブの3種類のNFTを保有することでもオラクルトークンのエアドロップを受け取ることができます。

詳細はこちらのドキュメントページを参照してください。

Each PEPE NFT Gets you 2500 Oracle Points!
  Total Airdrop: 10,000 PEPE x 2,500 $ORACLE = 25 Million

Each PIXEL NFT Gets you 5000 Oracle Points!
  Total Airdrop: 5,000 PIXEL x 5,000 $ORACLE = 25 Million

Each REDPILL NFT Gets you 10,000 Oracle Points!
  Total Airdrop: 1,111 REDPILL x 10,00 $ORACLE = 11,110,000

https://docs.oracleswap.io/the-oracle-nfts-airdrop/nft-partners

3種類のNFTそれぞれを保有することで2500~10000オラクルトークンのエアドロップが受け取れます。

なぜ参加するの?

《翻訳》

オラクルNFTをmintすると、オラクルエアドロップポイントが得られ、ステークできる無料の$ORACLEトークンをエアドロップされる資格が得られます。さらに、Oracle NFTは、NFTマーケットプレイスでステークすることができます。参加することで、Songbird Networkの新しいエコシステムの最初の一歩を踏み出すことができるのです。

2021年4月時点でOracleSwapは、まだアナウンスや情報公開のみの段階であり、実際に稼働しているとは言えません…

  • OracleNFTが1111SGB以上の価値を将来的に持つのかも不明。
  • DEXが上手く機能するかもわからない。
  • ステーキングの利率はどれぐらいになるのか?
  • 保有トークンを預けて大丈夫なのか?
  • NFTマーケットプレイスって?NFTのステーキングって??

と、まだまだわからないことだらけです…。

それでも、日々アナウンスされる新しい情報や取り組みにはわくわくします(*^^*)

あやママ

リスクはもちろんありますが、自身の許容できる範囲で新しいプロジェクトにはちょこちょこ参加していきたいなと私自身は考えています!

ロードマップ

https://www.oracleswap.io/#roadmap より

公式サイトのロードマップによると、今後のスケジュールは以下の通り

Q2 2022

  • オラクルNFTSを売り切る
  • ORACLEトークンの大量エアドロップを完了する
  • DEXに$ORACLE Tokenとその他の流動性を追加
  • オラクルスワップ開始

Q3 2022

  • DEXに米ドル価格を追加
  • DEXへのアナライザー/チャート
  • NFTマーケットプレイス
  • NFTのステーキング
  • オラクルスワップFTSOプロバイダー

Q4 2022

  • サプライズNFTエアドロップ オラクルNFTホルダーへ

時期未定

  • Flare NetworkとF-Assetの立ち上げに備えよう
  • Flare Networkでの潜在的なスナップショットおよびエアドロップの準備
  • F/Sアセットを統合する
  • DEXを$SGBと$FLRの両方で使用できるようにする。

FTSOプロバイダーへの参加も予定しているみたいなので、楽しみですね!

あやママ

もしかしたら、WSGBホルダーへのエアドロップというのは
「OracleSwapに委任したら委任量に応じてオラクルトークン付与するよ」
的なものなのかも…?と想像したり…。(あくまで想像です)

2022 Q4にはサプライズNFTエアドロップもあるみたいだし(^^)

ロードマップに書いてるのにサプライズ??という疑問はそっと胸にしまう…ww

F/Sアセット、FLRへの対応も期待できるみたい!

ただ、予定=未定なので、過度に期待せず、今できることだけを楽しむスタンスでいた方が平和です(笑)

不安と期待を胸に、今後のOracleSwapの動向に注目していきます★

FlareFarmでステーキング
【委任報酬と二重取り!!】Flare FarmでWSGB&EXFIをステーキングしてSFINを獲得しよう!FlareFarmを利用したWSGBとEXFIのステーキング手順...
ABOUT ME
あやママ
夫との優雅な老後を夢見て資産運用に励む30代の主婦です。 ▶︎つみたてNISA|ひふみ・楽天VTI・SBIVS&P500 ▶︎手動トラリピ ▶︎トライオートETF|TQQQ ▶︎企業型確定拠出年金 ▶︎暗号資産|XRP,SGB,FLR ▶︎陸マイラー、ポイ活
GMOコイン

日本円出金手数料無料!
取扱通貨20種!
GMOコイン

GMOコインは日本円出金手数料が無料のため、暗号資産を日本円にして引き出す際に必ず利用したい取引所です。
まだ口座をお持ちでない方は、開設しておくことをお勧めします。

取扱通貨も20種と豊富な為、保有通貨を日本円へトレードする際にも重宝します。

他の暗号資産取引所からGMOコインに通貨を送金→日本円に換金→銀行へ出金も、もちろん可能です!

口座開設